クラスのこと

クラスのこと

 園には、幼稚園のさくらクラスと、幼稚園入園前の子ども(未就園児)を対象としたひまわりクラス、親子が一緒に参加するたんぽぽクラス・つぼみクラスがあります。
未就園児クラスのページはこちら

さくらクラス・・・満3〜5歳
ひまわりクラス・・・満2歳児/週1~2回
たんぽぽクラス・・・未就園児と保護者/週1回
つぼみクラス・・・未就園児と保護者/週1回(不定期3回コース)

さくらクラス

さくらクラスは3歳から5歳までの子どもたちが共に兄弟姉妹の様に過ごすクラスです。
手足を動かすこと、実際に触れて嗅いで感じて体験することを大切にしています。
とりわけ遊ぶことは就学前の子どもたちには宝の様な時間です。遊びを通して主体的に過ごすことで、そこにその子の個性や他者と共にあるという社会性が育まれます。

さくらクラスの1日


朝、登園すると子どもたちは思い思いに室内で遊び始めます。
おやつを食べたあとは戸外遊びの時間。自然と触れ合いながら、おひさまの光を受けて遊びます。
遊びを中心とした1日が、呼吸をするようなリズムで毎日繰り返されます。

※上記の延長保育は降園時間です(2021年度現在)
※「ライゲン」とは季節の歌・言葉、生活のできごとなどを身体で表現する遊びです

砂場で遊ぶさくらクラスの子どもたち

さくらクラスの1週間

子どもたちは、”曜日ごとのおやつや活動”を通して、時間感覚を概念からではなく、体験から身に付けていきます。

※オイリュトミーやにじみ絵は年度により曜日が変わることがあります

月曜日は「玄米給食の日」。玄米と具だくさんのお味噌汁をいただきます

火曜日はにじみ絵 色の変化を味わいます。

水曜日は「ピクニックの日」。広い公園を駆け回り、外でおにぎりをいただきます。

木曜日はオイリュトミー。言葉やリズムを身体を通して表現します。

雨の日もレインコートを着てお散歩します

さくらクラスの1年

子どもたちは1年のリズムを祝祭を通して体験します。
緑の萌え出る春分・生命力が大地にあふれる夏至・豊かな実りの秋分・これから光を迎える準備としての冬至。
四季折々の行事や祝祭の体験を深く味わうことは、心を育て、感謝の念を養う大切な意味を持ちます。

夏水遊び

暑い夏の日は水遊び。お庭で水をかけあって。

夏祭り。行灯にろうそくを灯し、みんなで特別なおやつをいただきます。

秋の収穫祭には秋の実りを持ち寄ります。子どもも果物を磨いて準備します。

クリスマスは光の誕生を祝います。苔の庭を手にして

さくらクラスの基本情報

 開園時間 月曜日~金曜日 8時半~13時半
 ※18時までの延長保育あり(費用別途)
対象 満3~5歳児
定員 年少・年中・年長あわせて21名
担当 教師1名・助手1名
担任 高橋 幸恵
給食 月曜:玄米給食(教師が作ります)
 火曜:パン給食(パン持参、教師がスープを作ります)
 水曜:おにぎり
 木・金曜:お弁当
月謝 2020年度 38,000円
(就労されているご家庭は幼保無償化の対象です)
入園金   120,000円

GALLERY

ボタンをクリックして入園方法をご確認ください

関連ページも読むなら ・・・ 園のこと 未就園児クラスのこと 運営団体について